寝るだけで痩せるって本当?睡眠ダイエットのやり方とは?


寝るだけで痩せる

 

ダイエットといっても、運動や食事制限・・その他にも実にさまざまな種類が存在しますが、痩せる秘訣は「睡眠」にもあります☆

ただ寝るだけで痩せるなら、苦労しない!と思うかもしれませんが、毎日正しい睡眠をとることで、痩せることが可能なのですv(^∀^*)
疲れもとれて美容にも良い、さらに痩せるなんて一石三鳥ですね♡

今回は、今夜からできる「睡眠ダイエット法」について、紹介していきます^^

寝るだけでやせ体質に!?ポイントは「痩せホルモン」

 

なぜ、寝ることがダイエットにつながるのか、寝るだけで痩せるのには理由があります☆

寝ている間に「痩せホルモン」が出ます。
この痩せホルモンは、代謝を良くしたり、脂肪をエネルギーに変える働きをもっています。そのため、睡眠をとるだけで脂肪が溜まりにくい、やせ体質になるのです(`・∀・)b

 

今夜からできる!快眠やせ術4つのポイント

 

痩せホルモンをより活発にする、快眠やせ術4つのポイントをまとめました☆

 

 24時〜翌3時がゴールデンタイム

理想の寝る時間は24時で、眠りについた直後の3時間が、一番やせホルモンが出る時です。それを体がおやすみモードに入るマックスの時間帯、24時〜翌3時の間に合わせることが、ゴールデンタイムです☆

 

 ルームウエアではなくパジャマを着る

寝やすければそれで良い。というのは快眠につながりません。。
寝る時にルームウエアやスエットなどは、汗を吸いにくく、眠りの妨げになります。
快適に眠るためには、パジャマを着ると良いです^^

 

 寝る時は照明をOFFに!

照明をつけたまま寝るのはNGです。
寝る時は照明をOFFにし、「これから夜ですよ」と体に伝えることで、やせホルモンが活発になります。

 

 寝る時はあお向け or 横向けの場合は抱き枕を使おう

寝る時は、あお向けの状態が理想的です。
しかし、あおむけに寝るのがしんどく感じてしまう。。横向けで寝る方がラク。という場合は、抱き枕を使うと良いです◎
筋肉に負担をかけないので骨盤矯正にもなり、疲れがとれやすく、ぽっこりお腹も予防できます^^

 

睡眠NG行動

寝る前は、パソコン・スマホは控える

bet

パソコンやスマホの照明には、睡眠を妨げる光「ブルーライト」が多く含まれています。脳に刺激を与えて、体を十分に休ませることが出来ません..
私もベットに入った後、ついスマホをいじってしまって眠れなくなる事がよくありました^^;
やせホルモンが出にくくなるので、寝る前はなるべくPCやスマホは控える様にするか、ブルーライトをカットするメガネやフィルターを使うと良いです(v´∀`*)

 

寝だめは体に負担がかかる

nel

徹夜した分をまとめて寝る「寝だめ」は、体にかなり負担がかかってしまい、疲れが溜まる一方です…(疲´-ω-)
できるだけ、その日の睡眠はその日のうちにする方が良いです。

 

もっとぐっすり寝るために、ヨガがおすすめ!

 

もっと眠りの質を高めるために、体をゆるめる動きのストレッチやヨガが最適です^^夜寝る前と朝起きてすぐに行うのが効果的です。

激しい動きをする腹筋運動などは体が活動的になってしまい、眠りの妨げになってしまいますので、おすすめできません。。

こちらは、家でできる5分ヨガです。ウエスト引き締めの効果もあります!

体が伸びているのを感じて、大きくゆっくりと呼吸をするのがポイントです☆
深呼吸として神経を落ち着かせる働きもあるので、リラックスできて心地よく眠れます(*_ _)Zzz

 

寝起きに常温水を飲んで、スッキリ目覚めよう!

 

寝起き 水を飲む

起きてすぐ、コップ一杯の常温水を飲むと、寝起きの乾ききった体がうるおい、血流も良くなってスッキリ目覚められます^^

 

日中に眠くなったら、どうすれば良い?

 

お昼寝

日中、ウトウトと眠気がおそってきた場合は、ガマンせずにお昼寝をしましょう☆
睡眠不足や脳の疲れも解消できて、午後のやる気や集中力もアップ!といいことだらけ♪

座ったままで体の力は抜いて、目を閉じるだけの状態でお昼寝をします。そして15時より前に、15〜20分程度とるようにするのがベストです。

 

おやすみタイムを有効活用した「睡眠ダイエット」、今夜からできるので、ぜひ取入れてみて下さいね^^


スポンサードリンク


▼関連記事はコチラ▼

コメントを残す