プランクチャレンジで筋トレダイエット。お腹痩せにも効果的!



plank1

器具も不要で、自宅で手軽にトライできる「プランクチャレンジ」。やり方も簡単で、しかも短期間で効果的に身体を引き締められると、海外でも人気が高いトレーニング法です。「ぽっこりお腹を改善したい!」「ウエストを引き締めたい!」「腹筋を鍛えたい!」そんな人にもオススメです^^
今回は、そんなプランクチャレンジの筋トレダイエット法について、色々とまとめてみました。どんなやり方なのか?また正しく、より効果的にやる方法なども、併せてお伝えしていきます。

プランクチャレンジのやり方は?

 

プランクチャレンジをやる時には、「プランクポーズ」という力強いポーズをとります。プランク=板という意味で、板のように、体の状態をまっすぐにキープします。こちらの動画でも、詳しく解説されています。

注意点は、肩関節に負担をかけないよう、肘が肩に対して垂直になるようにします。また、お尻が上に浮きすぎてしまったり、沈みすぎないよう、太ももはぐっと床から離し、おへそを引き上げます。
最低15秒間、プランクポーズのままキープしたら、一度ひざを下ろして休みます。

さらに応用で片足を上げたり、サイドプランクや逆プランクと呼ばれるものなど、バリエーションも豊富です。慣れてきたら色々とトライしてみるのも良いと思います^^

 

プランクチャレンジのアプリもあり!

 

そしてプランクチャレンジは30日間実践するのですが、下記の表のような感じで、1・2日目は20秒、3日目は30秒という風に、徐々に秒数を伸ばしていきます。

無理のないよう自分のペースに合わせて、秒数や日数も変えて挑戦してみてもOKです☆

プランクチャレンジ用のアプリもあり、秒数が計れるものや、SNSに投稿しシェアできる機能が付いてるものなど色々とあるので、活用すると便利です。
またアプリを使用しなくても、手帳やカレンダーなどに書いていっても良いですし、やりやすい方法を選んで記録しておくと良いと思います。

 

より効率的に筋力アップさせる方法とは?

 

プランクチャレンジは、ポーズ自体もシンプルですし、地味にみえますが結構キツいです!その分、体幹・インナーマッスルもしっかり鍛えられますし、お腹にギュッと力も入るので、お腹痩せにもより効果的です。

そして、より効率よく筋力アップ&シェイプアップするためには、栄養補給も大切です。中でも筋肉を作り出すのに必要なのが、たんぱく質(アミノ酸)です。トレーニングにより破壊された筋肉も、たんぱく質(アミノ酸)を補給することにより修復されます。たんぱく質(アミノ酸)が足りてない状態で筋トレをすると、破壊された筋肉の回復がうまく行えなかったり、筋肉が十分に付かず逆効果になることも…せっかくの筋トレをムダにしないためにも、筋トレ前にたんぱく質(アミノ酸)の補給をしておきましょう。

プロテインで摂取するという方法もありますが、もっと効率的に早く実感したいなら「ビルドマッスルHMB」というサプリメントを利用するのも手です。



1回たった4粒飲むだけでOKなので、プロテインを飲むより手軽です。また体内へも早く吸収されるので、筋トレ中や後の筋肉に、アミノ酸を効率的に届けられます。

sapu3

毎月300名限定で初回購入は実質無料になります。さらに90日間の返金保証まで付いていますし、一度お試しで使ってみるのも良いと思います^^

ビルドマッスルHMBの詳細・購入はこちら

 


スポンサードリンク


▼関連記事はコチラ▼

コメントを残す