キューピー体型の原因やぽっこりお腹を改善するダイエット法は?



onaka

体重的にみると太っているとは言えないのに、キューピー人形みたいにお腹はぽっこり出ているし、くびれのない寸胴…そんな「キューピー体型」いわゆる幼児体型に悩んでいる人は、洋服の上からは分かりづらい分、かなりたくさんいるのではないでしょうか?

一口にキューピー体型(幼児体型)と言っても実はその原因はいろいろあって、人によって改善策は違ってきます。それがまたダイエットがなかなかうまくいかない理由だったりするのかもしれません。ポッコリお腹を改善する方法、原因別にまとめてみます。


スポンサードリンク


お腹回り全体が太いケース

onaka1

まずはお腹回り全体がぼよーんと大きい人です。
お腹回り全体が太い人は、内臓脂肪を減らして腹筋を鍛える。というのが一番です。
糖分の多いもの、油っぽいもの、炭水化物など高カロリーなものを減らす食事制限をしたり、糖質や脂質の体内摂取を抑制してくれるビタミン類をたくさん食べたり、上手にサプリメントなどを利用すると、内臓脂肪を減らすことが期待できます。
そして、腹筋を鍛えることで皮下脂肪が筋肉へと変わるので、かなりお腹回りがスッキリします☆

 

太ってないのにぽっこりお腹の場合は?

そしてお腹以外の体は全然太っていないのに、本当にお腹だけぽっこり出てしまっている人です。太っていないのにぽっこりお腹という人は、
・便秘
・腹筋が少ない
・むくみ腸
・骨盤のずれ

というのが主な原因になっています。


スポンサードリンク


便秘の場合は?

benpi

便秘は食物繊維をたくさん摂取して体質改善するのみですね。
安易に便秘薬に頼ってしまうと、ますます便秘が悪化してしまうこともありますので。。食物繊維を多く含む食品や、サプリメントなどで改善できれば、その方が健康的で良いのではないでしょうか。

 

腹筋が少ない場合は?

fukkin

腹筋があまりついていない人は、腹筋を鍛えるしかありません。
本来は腹筋で支えられているはずの内臓が、支えきれずに下に落ちてしまうことでお腹がポッコリと出てしまうので、腹筋を鍛えて内臓を正しい位置に戻せれば、自然とお腹は引っ込んでくるはずです。
もちろん皮下脂肪も減るので、その効果も出てくるでしょう。

 

むくみ腸の場合は?

mukumi

またむくみ腸が原因で、ぽっこりお腹になってしまうケースも…
手や足などと同じように、血流が悪くなると腸がむくんでしまいます。そして余分な水分で重くなった腸が垂れ下がることで、ぽっこりお腹になってしまいます(´・ω・`)

これはフジテレビ「その原因、Xにあり」でも取り上げられていましたが、生姜ココアを飲むことにより、むくみ腸の改善が可能です。詳しくはこちらの記事にまとめています。
ぽっこりお腹の原因、むくみ腸を生姜ココアで解消!石井明美も実践。

 

骨盤がずれている場合は?

sisei

そして骨盤のずれは、だいたい猫背や反り腰といった姿勢の悪さからきていることが多いです。なので、姿勢を正しく保つことを意識して、常に下腹を緊張させるように気を付けていると少しずつ治ってきます。
とはいっても、姿勢は無意識になってしまうので、骨盤矯正をすると良いかもしれません。いろいろな骨盤矯正グッズがありますし、整体のメニューにもありますから、自分に一番合う方法を見つけると良いですね^^

また骨盤が正しく強制されると、寸胴も解消されてくびれもでてきますから、一気に女性らしいスタイルが手に入ります。ちなみに、ウエストにくびれができるとバストアップも同時にできることが多いそうですよ(゚▽^*)

 

自分のキューピー体型(幼児体型)の原因を知って、それに合わせたダイエットを行えば、ぽっこりお腹は改善されます。
コンプレックスを解消して自分に自信をつけられれば、毎日がもっと楽しく過ごせるようになりますよ( ´ ▽ ` )ノ


スポンサードリンク


▼関連記事はコチラ▼

コメントを残す