ココナッツオイルと糖質制限でケトン体質ダイエット。方法や効果は?



 

kokona02

テレビや雑誌などでも取り上げられて、話題の「ココナッツオイル」
様々な健康作用があるミラクルオイルで、肥満対策にも効果が期待できます(^▽^)

以前、TV「世界ふしぎ発見」で、お笑いコンビのマザー・八田航樹さんが、ココナッツオイルを活用した「ケトン体ダイエット法」に挑戦し、なんと4週間で約7キロの減量に成功していました!

一体、ケトン体ダイエットとは具体的にどんな方法なのか?

なぜ、ダイエットにココナッツオイルが効果的なのか?

そして、より効果的なココナッツオイルの摂り方や、おススメのココナッツオイルについて、まとめてみました☆

ケトン体質ダイエットとは?

 

ご飯やパン等に含まれる炭水化物や糖質を食べると、体内でブドウ糖というものに分解され、それがエネルギーになっています。

しかし人間の体は糖質が不足してくると、貯蓄された脂肪が分解され、血液中に放出され、エネルギーとして使われます。その分解の過程に置いて発生する物質が「ケトン体」です。

このケトン体の機能を利用して、体脂肪をエネルギーとして燃焼することで、ダイエットするという作戦です!

いわゆる「糖質制限ダイエット」と似たような方法ですが、ケトン体ダイエットの場合は、ココナッツオイルを使用することで、よりダイエット効果を高めます∩(´∀`)∩♪

koko03

 

ケトン体質ダイエットのやり方は?

 

世界ふしぎ発見では『ケトン体質ダイエット』の具体的なやり方も紹介されていました。

どんな方法かというと、

・食事から炭水化物(ご飯・パン・麺類など)を抜き、おかずだけを食べる。

・砂糖を多く使った甘いお菓子は控える。ただし、野菜や果物、ナッツ類に含まれる糖質は摂ってもOK。

・タンパク質や脂質をしっかりと摂る。

・ココナッツオイルを一日に100cc摂る。

というもの。

糖質さえ制限すれば、カロリー制限もしなくて良いので、カロリー計算する必要もないので、楽ですね♪ また空腹を我慢するという辛さも無いですので、続けやすいダイエット法です(‐^▽^‐)
(ただし、食べ過ぎは良くないですので…腹八分目がベストです!)

 

また、糖質制限を行うのは2週間で、その後は、少しづつ炭水化物を摂っていきます。いきなり炭水化物を沢山食べてしまうと、リバウンドにもつながりますので…体調や体重の経過を見つつ、少しずつ量を増やしていくと良いです^^

 

ケトン体ダイエットの注意点

 

ケトン体ダイエットを実践する際に、いくつか注意点もあります。

糖尿病で薬を処方している場合や、生活習慣病で通院している方、また健康状態に不安があるといった場合は、必ず医師に相談の上、行うようにして下さい。

頭痛や下痢など、低炭水化物による副作用が出る可能性もあります。その場合は、無理せずにダイエットを中止するようにして下さい。

またケトン体が沢山つくられると、それを排出しようとする働きが活発になりますので、水分を出来るだけ多く摂るようにして下さい。

 

『ケトン体質ダイエット』で4週間で約7キロ、ウエストー7.2cm減った!

 

そして番組内で、お笑いコンビのマザー・八田航樹さんがケトン体質ダイエットを実践し、結果、4週間で約7キロのダイエットに成功しました!

体重:87kg⇒ 79.9kg

 

さらに、ウエストも7.2cm減っていました!

ウエスト:104cm⇒ 96.8cm

 

血糖値も急激に下がっていました!

反対に、血中のケトン体の量はぐんと増加しているという結果に。この数値が高いほど、体内の脂肪が燃えたという証になります。

これは糖ではなく、体脂肪からケトン体が作られてエネルギーになっているという証拠で、エネルギーの半分を、ケトン体を利用して活動する体質へと変化していました!

この結果からも、糖質制限をして、エネルギーを油とたんぱく質から摂る。という食べ方をしていると、ケトン体を作ることが可能だという事が明らかになりました。

 

また八田さんは、以前は炭水化物を好んで食べていたのが、ダイエット後はそれほど欲求しなくなったようです。
ケトン体質になると、脳の働きが変化して、糖質に対する欲求が薄れます。糖質依存というのは脳の問題で、ココナッツオイルには脳の食中枢を刺激するグルコキナーゼという酵素を抑制する働きがあります。空腹時に摂れば、炭水化物への欲求が薄れます。

そして、急激な血糖値の乱降下が無くなるので、食後に眠気におそわれることも無くなります。

 

ココナッツオイルがダイエットの強い味方に!

 

ダイエット成功のカギは、糖質制限ケトン体、そして「ココナッツオイル」にある。ということがわかりました。

oil

ココナッツオイルは、主に中鎖脂肪酸という脂質でできていて、ケトン体に早く変わりやすい油です。中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体に分解され、ブドウ糖に代わり、脳のエネルギー源となります。

またココナッツオイルは消化吸収のスピードが速く、体に蓄積されにくいオイルです。すぐに燃えて基礎代謝がアップするので、付いてしまった体脂肪まで燃えやすくしてくれるダイエットオイルでもあります☆

 

ココナッツオイルは何才からでも摂ってOK!

 

ちなみに中鎖脂肪酸は母乳の脂肪分に含まれている成分で、乳児から必要な成分といえます。乳幼児から高齢の方まで、何才からでも摂って良いオイルです^^

とはいえ、油は油なので…大量に摂取しすぎるのは良く無いです^^;
また摂りすぎると、お腹がゆるくなる事もありますので、その場合は量を減らすようにします。

 

ココナッツオイルのおすすめの摂り方は?

 

ダイエット目的であれば、糖質制限をして、毎食ごとに大さじ2杯ぐらいのココナッツオイルを摂るのがおすすめです。

そのままパクッと食べても美味しいですが、飲み物に混ぜてもOKです!八田さんはコーヒーに混ぜて飲んでいましたが、油なのでそのままでは混ざりにくいため、ミキサーなどで乳化させてから飲むと良いです^^

koffei

 

他にも、風味をプラスする調味料としても使えます☆

 

ココナッツオイルを使ったおすすめ料理やスムージーはコレ★

 

また、ココナッツオイルは加熱しても変質したり酸化しにくいですので、料理にも使えます^^

特に卵料理にココナッツオイルの組み合わせは、ダイエットにも最適です☆
ココナッツオイルは抗酸化力や免疫力を高めるラウリンも豊富に含まれています。そして卵はオメガ3脂肪酸のDHA/EPA、ビタミンAなども含み、必須アミノ酸のバランスも良いです^^

日本人に不足しがちなたんぱく質を補う卵と、ラウリン酸不足を補うココナッツオイルの組み合わせは理想的♪ しかも、卵のように栄養値が高いものは脳が空腹感を感じにくいです。

tamag

卵焼きやオムレツなど、油かわりにココナッツオイルを入れたり。またエッグスムージーは腹持ちもよく、おやつにも最適です^^

 

〈エッグスムージーのレシピ〉

☆材料

・卵・・2個
・パイナップル・・100g
・ココナッツオイル・・大さじ2杯

 

☆作り方

パイナップルを適当な大きさにカットして、全ての材料をミキサーに入れて
回して完成!

卵を生のまま使用するので、栄養も壊しません☆

 

ココナッツオイルのNGな摂り方は?

 

ココナッツオイルのメリットを確実に得るためには、食べ方も肝心です。
ダイエット中はバターやマーガリンの代わりにと、トーストに塗って食べるのはNGです^^;

pan

ココナッツオイルを摂ると、中鎖脂肪酸が肝臓でケトン体になるまでには3時間かかります。ところが、パンは一気に血糖値を上げてしまいます><

その血糖はインスリン分泌を促し、インスリンはケトン体を産生する酵素を抑制してしまいます。ブドウ糖を使うことができなくなった時、唯一、栄養として働いてくれるのがケトン体ですが、糖質を体に入れてしまうと、ケトン体レベルが上がりません。せっかくオイルを摂っても、その効果も半減してしまいます…

糖質を制限することで、ケトン体が有効に働き、オイルも効果を発揮します◎

 

ダイエットにおすすめのココナッツオイルは?

 

ココナッツオイルの中でもバージンココナッツオイルは、中鎖脂肪酸を豊富に含み、無精製、無添加なので体にも良く、ダイエットにもおススメです^^

 

ちなみに、世界ふしぎ発見のケトン体ダイエットでも使用されていたのは、「セシル・オーガニック・バージン・ココナッツオイル」です。

ココナッツオイル研究の第一人者である、白澤卓二教授の推奨品です^^
有機JAS認定のココナッツを原料に、低温圧搾(コールドプレス)で抽出したオイルで、中鎖脂肪酸は62%です。

私も実際に、下記の楽天市場にて購入してみました☆
セシル・オーガニック・バージン・ココナッツオイル

kokona02

そのまま食べてみると、ほんのりココナッツの香りがして、油っこさも無くて飲みやすかったです^^

kokona05

携帯に便利なスティックタイプも、下記の楽天市場にて販売されていました。
スティックタイプのセシル・オーガニック・バージン・ココナッツオイルはこちら

 

他にも、おすすめのバージンココナッツオイルをいくつか紹介していきます。

こちらの、ココウェルのエキストラ・バージン・ココナッツオイルは、海外モデルのミランダ・カーさんも愛用しています!
下記のリンクは楽天市場のサイトへとびます。
ココウェルのエキストラ・バージン・ココナッツオイルはこちら

母の日にプレゼントしたのですが、喜んでくれました♪
kokona04

40度以下の低温圧搾+伝統的な発酵分離で抽出しています。中鎖脂肪酸は65.6%で、USDA認証取得もしている安心・安全なオイルです^^

 

ブラウンシュガーファーストの有機エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルは、NHKの「あさイチ」や「とくダネ」でも紹介され、人気が広まりました!
下記リンクは楽天市場サイトへ飛びます。
ブラウンシュガーファーストの有機エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイル

絞り立ての果肉を低温圧搾し、遠心分離で抽出したオイルです。中鎖脂肪酸は61.6%(内ラウリン酸47%)で、有機JASとUSDA認証取得されています!

また、使い切りタイプのものもあります★

 

Dr.ブロナーのヴァージン・ココナッツオイルは、新鮮なココナッツを低温圧搾した香り豊かなオイルです。中鎖脂肪酸は63%で、フェアトレードの商品です。
下記のリンクは、楽天市場サイトへ飛びます。
Dr.ブロナーのヴァージン・ココナッツオイル

 

バージンじゃないココナッツオイルでは効果がないの?

 

しかし、RBD(R=精製 B=脱色 D=脱臭)と呼ばれている、バージンではないココナッツオイルも中鎖脂肪酸であることは変わりないですので、効果が無いわけではありません。また中鎖脂肪酸は熱に強いので、必ずしも低温圧搾にこだわらなくても良いと思います。

RBDのココナッツオイルは、価格も比較的安めです。そして無臭でクセも無いので、和食にも違和感なく使えたり。香りが苦手。という人にも使いやすいです^^

 

自分に合った、お好みのココナッツオイルを選んで、ダイエットに取入れてみて下さいね♪

 

また、魚や亜麻仁(アマニ)油・エゴマ油など、オメガ3脂肪酸もバランスよく摂ると良いですよ^^

亜麻仁油やエゴマ油は太らない?ダイエットに効果的な油はコレ!

 


スポンサードリンク


▼関連記事はコチラ▼

2015年5月7日 ココナッツオイルと糖質制限でケトン体質ダイエット。方法や効果は? はコメントを受け付けていません。 油(オイル)でダイエット