チョコレートの太らない食べ方を紹介!ダイエット中のバレンタインにも



choco1

チョコレートは大好きという人が多いですが、糖分や油分が多いためダイエットには大敵なお菓子です。特に冬はクリスマスやバレンタインデーなど、チョコレートをメインとしたお菓子をプレゼントする行事もありますね。

そこで今回は、チョコレートを食べても太らない、ダイエット中におすすめな食べ方について考えていきましょう。


スポンサードリンク


太らずにすむチョコの食べ方とは?

ダイエットをするならお菓子は最大の敵と良く言われます。その中でもチョコレートは、脂肪分や油分が多く太りやすい食べ物です。
しかし、ストレスなくダイエットを行うのであれば、好きなチョコレートも食べながらダイエットを行いたいのが本音です。
そこで、ストレスなくダイエットしたいと考える人に、太らないチョコの食べ方のポイントを紹介していきます。

 カロリー
自分が一日に必要な摂取カロリーを計算したうえで、おやつやチョコレートをその1割程度に抑えます。

 時間帯
また15時から18時までの時間帯は、1日の内で体温が一番高い時間帯となっています。そのため基礎代謝も高くなっているので、食べるのであればこの時間を選んで食べるようにします。

 ゆっくり食べる
そして、チョコを食べるときに一気に食べてしまうのではなく、ゆっくりと味わいながら食べるようにすると、少しの量でも満腹感を得られやすくなります。

 

適度に食べれば効果的!

人間に必要のない栄養素はありません。脂肪分も油分も生きていくためには必要な栄養素です。ダイエットしようとして何かの栄養素を制限してしまうと、体の中でいろんな機能が滞り、機能が低下してしまいます。
チョコレートやお菓子もほどほどに食べることで体内に必要な栄養素が補給され、体内の代謝をよくする効果があるのです。
長い間続けることによって太りにくい体質にすることもできるため、おやつやチョコレートも必要な栄養素といえます。

また食べたいものを我慢していると、我慢できなくなったときに気持ちが爆発してしまって、逆に体を壊してしまうことがあります。その為、自分がおいしいと感じるチョコレートも適度に食べたほうが心身に良い効果をもたらすのです。


スポンサードリンク


つい食べ過ぎてしまう場合の対処法はある?

食べるのを我慢している場合、つい我慢できなくて大量に摂取してしまった場合、1回だけであればさほど太ることはありません。しかし何回も繰り返してしまうようであれば、チョコレートの代わりになる低カロリーなおやつを選ぶようにします。

choco03

またどうしてもチョコレートを選んでしまう場合、「ローチョコレート」などもおすすめです。非加熱で作られているので、カカオの栄養素を失わずに摂取できるのでヘルシーです。それに砂糖や乳粉も不使用なので、通常のチョコよりも糖質&低カロリーで、ダイエット中にも最適です。

食べた後に脂肪や糖分を分解してくれるサプリメントを摂取するようにするのも効果的です。

その他にも、こちらでチョコを食べ過ぎたときの対処法やダイエット方法をまとめています。
バレンタインでつい食べ過ぎた時のダイエット法を紹介します

 

まとめ

チョコレートは常習性があり、一度食べると止まらなくなってしまうものです。その為、食べるなといっても難しいものがありますから、どうしても食べたいと考えるなら量や食べる時間を考えて食べるようにしましょう。

ダイエットしているからチョコレートは我慢するのではなく、ダイエットしていても時間や摂取量を考えて食べることによって、チョコレートを食べても太らないで済みます。
好きなものを食べながら痩せられるのであれば、それに越したことはありません^^b


スポンサードリンク


▼関連記事はコチラ▼

コメントを残す